03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Football Manager監督手記

Football Manager 2008, 2012 (PCゲーム)のプレイ日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ゴロー挑戦記 vol.2 11/12 season 01-03 

≪ゴロー挑戦記 vol.2 11/12 Season 01-03 Report≫

前半戦をうまく乗り切ったPerugiaが引き続き強さを見せつけていけるか。

さっそく、01-03月の状況を見ていきましょう。


(1)来期昇格を見据えて、戦力を補強しておく。
(2)条件の一つである、栄光のペルージャ戦士を獲得する。

冬の移籍期間で獲得しようといろいろ選手を物色しましたが、獲得したのは結局フリーの選手。
なかなか即戦力な良い選手が獲得できましたんで、移籍金もかからないし、まぁいいですよね。

新規メンバー紹介
選手名主ポジコメント
Jonas
(ジョナス)
DC(DM, MC)メンタル、フィジカルに優れたファイター系DFです。
MCからSWまで中央ならいろいろこなせるところも素晴らしい。
DCとしての能力に優れているので、ボルゲッティとのレギュラー争いとなりそうです。
Matias Masiero
(マシエロ)
ST(AML)Perugiaに不足しているクイックネス部門を補うために獲得したFW
Genoaに所属していたこともあって、Italia国籍を持っています
テクニックにも優れていますが、気がかりは決定力の低さ。伸びてくれればなかなかの選手になりそうですが・・・。



(3)4-4-2以外の戦術を試し、物にしておく。

当初、アウェイ戦術を考えていましたが、Homeの戦績がいまいちなので、Home用に調整中です。
4-4-2のダイアモンド等もお試し中ではありますが、まだまだですね。


(4)初期戦力の整理を行う。

大量放出を考えてましたが、移籍が決定したのは3人。内1人はボスマン移籍なので、シーズン終了まではいるんですよね・・・。
移籍ニュースは以下の通りです。

Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-63

MCのバックアッパーとして、数試合に出場しているボルジェーズはPerugiaと同じリーグのVigor Lameziaへ移籍。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-67

DRのアナニアはLega Pro Seconda Divisione Girone AのRiminiへ新天地でがんばって頂きたい。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-64

MCのモカレッリもRiminiへ、ただ、ボスマン移籍なので、シーズンオフまではPerugiaにいてます。


(5)リーグ優勝する。

1月から3月で12試合になります。3月時点で昇格を決められればベストですね。
では、試合結果行ってみましょー。

Lega Pro Seconda Divisione Girone B 11/12
日付対戦相手H/A結果コメント順位
2012/1/8GavorranoH2-0 Wけがの御大に代わって、新加入のジョナス。
CKからジョナスのヘッドとバローニオの直接FKで勝利 \(^▽^)/
1
2012/1/15CelanoA※※Pick Up Matchにて※※
2012/1/29Aversa NormannaA0-0 D前の試合が天候のため順延。間があいた。
負傷から復帰の御大が、試合で大暴れし退場・・・ ( ノД`)
カンセラも負傷退場で、ドローに持ち込むのがやっと。
1
2012/2/1Neapolis FratteseH1-1 D延期になった試合がミッドウィークに。
DRは不得手のモラをDRで起用せざるを得ない状況。
後半失速し、追いつかれてのドロー。ちょっと下降気味か? (-_-;)
1
2012/2/5Isola LiriH3-0 W御大復帰、バローニオもコンディションが戻った。
試合はコンティの久々ゴールなどで、3点快勝 d(^-^ )
1
2012/2/12Vigor LameziaA0-1 W御大が2戦連続の得点で先制すると、これを守りきっての勝利
流れからの得点が少ないなぁ。
1
2012/2/20ChietiH3-0 W変化を求めての4-5-1
途中出場のマシエロが移籍後初となるゴールを等で快勝
御大はちゃっかりPKを決めて3試合連続得点。
1
2012/2/26CampobassoA0-0 Dカルダシオがタックルを受けて負傷退場。
ペースをつかめず、枠に飛ばずで残念なドロー。
それよりなにより、カルダシオの2カ月の離脱が痛い ( ノД`)
1
2012/3/4ArazaneseH1-0 Wカルダシオに代わってトゥニネッティが先発。
コンティの粘り強いゴールを守って勝利。
負傷者が出ているせいか、チーム状態が落ちている・・・。
1
2012/3/7MilazzoA※※Pick Up Matchにて※※
2012/3/18GiulianovaH3-0 Wスカトーニが練習中の負傷で、GKは控えのジョルダーノ。
コンティの2ゴールと、バローニオのゴールで快勝だが、バローニオが負傷で1回休み。この時点でプレーオフ進出が決定。
さらに最多勝ち点のリーグ記録更新らしい・・・。
1
2012/3/25L'AquilaA0-1 Wジョルダーノまで負傷してしまい、GKはユース選手という非常事態 (T-T)
コンティが復調の3試合連続ゴールで勝利はしたものの、両チームでイエロー8枚という良くない試合になってしまった。
1



負傷者が増えてきたこと、たぶん研究されてきたことにより、連勝街道というわけにはいかなくなってきました。
相変わらずというか、セットプレーからのゴールが多いです。
そのおかげか、マテラッツィや新加入のジョナス等の高さを生かした得点が増えています。
クレメンテやブエノと言ったベテランFWは能力の低下が顕著になってきており、コンティの負担が増えてきています。
新加入のマシエロにはその分期待したいところですね。

次に、今回のPick Up Matchのコーナーにいってみましょう。
今回は2試合Pick Upしました。

2012.1.15 Lega Pro Seconda Divisione Girone B   vs Celano (A)
LineupResult
Celano v Perugia (プレビュー_ ラインナップ)Celano v Perugia (分割表示)
Review
トゥニネッティを先発起用、師匠バローニオとともに起用してみる。というのも、バローニオにトゥニネッティの指導をお願いしてみました。トゥニネッティはあまり乗り気ではありませんでしたが・・・。

何と、開始45秒で先制を許す (-_-;)
まぁ、ハンデということでね、2点とりゃいいんですよ。
ということで、前節に続きCKからジョナスがヘディングゴールを決めてすぐさま同点とする d(^-^ )
しかし、ロングシュートを決められ、再びリードを許す・・・。なんか、こんなのをね良く入れられるんですよ。
後半も終了しようかという時に、バローニオの浮きだまパスをうまくトラップしたアベライラスがビューティフルなゴールを決める。
これでなんとか、前半をタイで終えられるぞと思った矢先、ボルゲッティがレッドカード ( ノД`)
マシエロを下げカルダシオを入れる。カンセラをセンターに、ラベッキアを下げて、下げたところにカルダシオとする。

後半は1人少ないこともあって、なかなか決定機を生み出せない。
そうこうしていると、あいても赤札を貰い、数的不利が解消される。
なんとか、勝利をものにしようと、トゥニネッティが30mの距離からバズーカシュートを放つが、惜しくもバーに当てる ( ノД`)
が、その跳ね返ったボールが遅れてジャンプした相手GKの背中に当たって、ゴールへ・・・ m9(^Д^)

ラッキーゴールで勝利をものにできました。MOMは2アシストを記録のバローニオ。安心のボールさばきで得点の多くに絡んできています。



2012.3.7 Lega Pro Seconda Divisione Girone B   vs Milazzo (A)
LineupResult
Milazzo v Perugia (プレビュー_ ラインナップ)Milazzo v Perugia (分割表示)
Review
連勝で勢いに乗る3位のMilazzoとの一戦。

カルダシオが負傷中の為、トゥニネッティが先発。クレメンテの状態が落ち込んできているので、マシエロを先発起用します。

開始すぐカウンターくらいあわや失点という状況となるも何とかセーブ。
浮きだまパスに飛び出したマシエロがシュートを放つ。もポストにあたり、こっちも得点できず。お付き合いしている場合じゃないのになぁ。
やっぱりというかなんというか相手に先制を許してしまい、さらにその五分後にも同じ選手に追加点を許してしまう・・・。

既に、Perugiaのお家芸ともいえるCKからのヘッドをJonasが決めて、1点返すと、相手も同じようにCKからゴールをあげてくる (T-T)
敗色濃厚で士気が低いマシエロに変えて、クレメンテを投入し、攻撃の意識を見せる。
が、決定打にはならず、ロスタイムにバローニオが直接FKを決め、1点差に詰め寄るも、ときすでに遅し。

スタッツでも完全に押されている状況での敗戦。Awayだからというのもありますが、これまではAwayだろうがHomeだろうが試合をコントロールしてきただけに、この結果はちょっとショック。
あいての連勝記録の更新に一役買ってしまう結果となりました。


そして、順位表の確認に行きましょう。


Lega Pro Seconda Divisione Girone B (概要_ ステージ)-4

2位との勝ち点差は11で変わらないですね、ただ、2位のチームがPerugiaも屈したMilazzo。
それでも、3か月で縮められた勝ち点は2だし、勝ち点のリーグ記録を更新したというニュースも飛び込んできていたので、普通に考えれば、優勝はほぼ手中に収めていると言えるんじゃないでしょうか。
勝負は下駄をはくまでわからない。という言葉もありますし、最後まで気を抜かずに行きたいと思います。


最後に、おまけを・・・。

Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-10

前回、連絡しそびれてましたが、Perugiaが買収の対象になっちゃいました・・・。
これが、2011/12/4の出来事です。



Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-14

そして、2011/12/29に順調だよとのニュースが。
どうなのかな、新しいオーナーとなれば移籍金とかたんまりくれちゃうのかな?
と期待に胸ふくらませていると・・・・



Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-15

翌日の2011/12/30。暗礁に乗り上げているだと?昨日のニュースは何だったのかと。
順調に進んでいると考えていた多くの人々はこのニュースに落胆することになるだろうって、
お前さんが昨日持ち上げたところだったんじゃないんですか!俺のときめきを返せと。



Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-17

でも、結局買収成立ということで。どないやねんと。
ちょっとは羽振りが良くなるのかな・・・。


ということで、違う楽しみもできた今回。
次回はいよいよ、1年目のラストスパート、最高の結果で来シーズンを迎えたいところ。乞うご期待!
スポンサーサイト
2012/03/17 Sat. 00:04 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

最多勝ち点記録も更新して優勝はほぼ手中に収めましたね^^

人員整理は微妙でしたが補強はよかったと思います
両選手とも来期も普通に通用するのではないでしょうか。

マシエロが成長してくれると面白いんですが、勝利意欲が8なので成長は厳しいかもしれません

コンティの負担が大きいようなので良いFWが取れるといいですね

Cuore #- | URL | 2012/03/17 15:03 * edit *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます (´▽`)

> マシエロが成長してくれると面白いんですが、勝利意欲が8なので成長は厳しいかもしれません

なるほど、勝利意欲は成長に関しても影響が大きいのですね。
試合中にちょっと劣勢だと、すぐ士気が落ち込む困ったチャンでもあるので、メンタル的にも成長を期待したいです。

> コンティの負担が大きいようなので良いFWが取れるといいですね

確かにクレメンテの劣化も著しいので、補強して行きたいところです。

ヒロシュ #- | URL | 2012/03/17 22:24 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://fmhirosyu.blog26.fc2.com/tb.php/74-9cc3ba2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。