06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Football Manager監督手記

Football Manager 2008, 2012 (PCゲーム)のプレイ日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ゴロー挑戦記 vol.1 準備編 

Football Managerのプレイがとても久しぶりということで、
かなり浦島状態となっていますが、少しずつ取り戻していきたいと思います。

今回、舞台となるのはスロベニア、振り返ればDresden日記で早くからチームの屋台骨を支えた選手がスロベニアンでありました。

FM2008の時はDomzareとしていましたが、時代は移り、前年度の覇者はNK Mariborとなっております。
それに伴い、就任チームも変更することとしました。
スロベニアトップのチームで挑むことで、できるだけこの目標に集中できる環境を整えたいためです。

NK Mariborについて、簡単な情報を載せておきましょう。

簡易情報_NKMaribor

この国のリーグの中では屈指のホームスタジアムとなっています。
NK Maribor以外に10000以上収容できるスタジアムをホームとしているチームはありません。大体どこも3000人くらいです。
トレーニング施設が充実しているようで、トップチームの面目躍如といったところでしょうか。
問題と言えば、ニックネームのVijolicastiが全く読めないことですかね・・・。

さて、そろそろ本題に移りたいと思います。
チャンスは2度、1度目のチャンスで物にできればあっさりとこの日記は終了となりますが・・・、どうなりますか。


- 2011/6 in Maribor -

アシコー 「山林さん、就任おめでとうございます。私はアシスタントコーチのSasa Gajser(ササ・ガイセル)です。」
ゴロー 「あー、サッチャンね。人は私のことをゴローと呼んでいるよ。気兼ねなくゴローと呼んでくれたまえ。」
アシコー改めサッチャン 「サッ・・・チャン。・・・ゴローさん。早速ですが、チームレポートを作成しましたのでご覧ください。」
ゴロー 「どおれどおれ・・・(-_- )・・・・・・(T-T )」
サッチャン 「・・・あ、あの、ご説明差し上げましょうか?」
ゴロー 「あ、ありがたい。カンダタへ垂らされた一筋の糸。まさにそのような申し出だ。」
サッチャン 「・・・では。」

<11/12シーズンの戦力>

チームレポート

・リーグでは十分優勝を狙える戦力となっています。
・サイドプレーヤーの人材に不安があります。特に右サイドは手薄と言えます。
・FWの戦力は充実していますが、やや過剰気味と言えます。また、GKも過剰ですね。


主要メンバー紹介
選手名主ポジコメント
Jasmin Handanovic
(ハンダノビッチ)
GK33歳はチーム最年長選手。
GKに必要な能力をそつなく持っている印象。
年齢も2年限定であれば気にしなくてすむはず。
Matej Raden
(ラダン)
GKハンダノビッチよりも一回り年下でも、能力はさほど差が無い。
長期政権ならば、こちらをスタメン起用したいが、今回は控えでいてもらおう。
Ales Majer
(マイェル)
DRとても平均的な能力の持ち主、まだ若いので伸びを見せてほしいところ。
持ち前の運動量を生かした、オーバーラップが見られるか。
Ales Mejac
(メヤッチ)
DRマイェルとポジションが同じで名前も似ていて非常にややこしい。
能力も似たように平均的なので、間違って起用したとしても大けがはなさそうだが。
Mitja Viler
(ビレル)
DLDRの二人に対し、1段上の能力を持っている。
守備より攻撃が得意そうだが、積極性が低いためなんとなくアンバランス。
まだ、成長の余地はありそうなので、レギュラーは安泰だろうか。
Dejan Trajkovski
(トライコフスキ)
DL19歳ということで、先が楽しみな選手ではある。
しかし、実質1年でどこまで成長できるのか。
ビレルを超えられれば、欧州でも通用する選手になりそうだが。
メンタルが適当に決められている感が無くもない。
Aleksander Rajcevic
(ライチェビッチ)
DC懐かしのDresden日記メンバーが登場。
Dresden日記の頃に比べるとやや落ちている感もあるが、このチームの守りの要は彼だろう。
メンタルとフィジカルは十分世界に通用するものがある。
Jovan Vidovic
(ビドビッチ)
DCハイボールにめっぽう強い。
197cmにジャンプ力18というのはなかなかいない。
しかし、強靭さがいまいちだったり、スピード関連もさっぱりだったりで、上のクラス相手には不安が残る。
Nejc Potokar
(ポトカル)
DCライチェビッチをちょっとスケールダウンしたような能力。
欠点らしい欠点もないのでバックアップとして重宝しそう。
Zoran Lesjak
(レシアク)
MC(DM)クロアチアンだけど、初期メンバーなので起用していきます。
このチームでのキーマンになりそうな優良選手。
この選手がいかにボールを奪い、いかに前線を使えるかというところに左右されそう。
Ales Mertelj
(メルテリ)
MCこの人もDR2人と名前が似ているのでややこしい。
技術力がいまひとつ、メンタルとフィジカルは優れるというスロベニアンの典型のようなバランス。
動きのイメージがつきにくいが、先発で使ってみましょうという感じ。
Goran Cvijanovic
(ツビヤノビッチ)
MC(ML)こちらは技術もそこそこあるので、メルテリと起用を迷うところだが、
サイドハーフもある程度こなせる為、中盤の便利屋としてベンチに置いておきたいメンバーでもある。
Dejan Mezga
(メズガ)
MRこの人もクロアチアン。やはり技術に優れている。
そこそこのスタミナと豊富な運動量で、右サイドを制圧してもらいたい。
このポジションは人材不足なため、負傷には注意を払わねばならない。
Martin Milec
(ミレッチ)
ML平均的な能力だが、まだ19歳ということを考えると楽しみな選手。
まぁ、でも開花する前に期限がきそうかな・・・。
手薄なサイドでは十分スタメン候補。
Agim Ibraimi
(イブライミ)
AMC(AMR, AML)基本戦術の4-4-2にはフィットしないが、
ウイングを使う戦術には選択肢に入る選手。
MCの勉強をして出場機会を増やすこともありだが、
是が非でも使いたいというほどの能力ではない。
Marcos Tavares
(タバレス)
STブラジル人ということもあり、チーム屈指の技術を持つ。
ドリブルもパスもシュートもOKという万能FW。
スピード、高さといった点はいまひとつなので、足元にボールを預けていくタイプか。
Etien Velikonja
(ベリコニア)
ST(AMR)スロベニアンとしては珍しいクイックネスに優れるタイプのFW。
エースNo.を背負い、チーム屈指の決定力を誇る。
ポジショニングが低い為、独力での突破を必要とする場面が増えるのかもしれない。
Dalibor Volas
(ボラス)
ST類稀な強靭さを持ち、ポストプレイヤーとして力を発揮しそうなタイプ。
決定力も兼ね備え、献身的に動けるタイプでもある。
タイプの異なるFWがそれぞれ使えるレベルにあるため、起用方法は非常に悩むところ。


ゴロー 「なるほど・・・。」
サッチャン 「戦力補強についてですが、正直申しまして、自国のクラブからより質のいい選手を獲得するのは難しいかもしれません。」
ゴロー 「このチームが既に図抜けているということかい?」
サッチャン 「ちょっと言い過ぎの感もありますが、そんなところです。もちろん良い選手はいますが、移籍金を支払ってまで獲得という選手はいないというのが実情です。」
サッチャン 「まずは、自チームの上積みを期待したいところです。」
ゴロー 「さらに、お金をためて来シーズンの補強に備えたいところだな。」


<チーム戦術>

Home戦術

・現在戦術は中盤がフラットな4-4-2となっています。
・キャプテンはMarcos Tavaresです。
・プレイスキッカーの再設定が必要と考えています。

サッチャン 「自国では充実した戦力でもヨーロッパの強豪からすると、格下とみられてしまいます。」
ゴロー 「戦い方を変える必要があるということかい?」
サッチャン 「そう思います。格上のチームにはシンプルにカウンターを狙っていくといったような考え方が必要になると思います。」
ゴロー 「あー、カウンターパンチ。それは効くな。KOだな。」
サッチャン 「・・・ウィザードで、簡単に戦術を作成することができるようになっています。そちらを試されてはどうでしょう?」
ゴロー 「っく。了解、とりあえずやってみようか。」

Away戦術


ゴロー 「こんな感じになったけども・・・。」
サッチャン 「どおれ、どおれ・・・(-_- )」
ゴロー 「ほうほう、早速ゴローイズムが浸透してきたようだな。」
サッチャン 「(-_-;)・・・不覚。まぁ、それは置いときまして、とりあえず良いのではないでしょうか。」
ゴロー 「とりあえずって・・・。」
サッチャン 「戦いながら調整を行っていきましょうということです。」
ゴロー 「了解した。」


<チームスタッフ>

スタッフ

サッチャン 「コーチ陣です。」
ゴロー 「お、サッチャンも教えているのだな。」
サッチャン 「もちろんです。」
ゴロー 「それにしても、ユースコーチが多くないかい?」
サッチャン 「・・・実は、私もそのように思っておりまして。」
ゴロー 「守備範囲が狭いスタッフが多くても困るところだなぁ。みんなコーチにしてしまうというのはどうだ?」
サッチャン 「w( ̄o ̄)w!・・・いいですね。」
ゴロー 「さらにコーチ陣を厚くしたいところだな。」
サッチャン 「そうしたいところなのですが、残念ながら理事会よりスタッフ人数の制限が言い渡されております。」
ゴロー 「むむむ。」

理事会_ 理事会概要

ゴロー 「一応、トップチームコーチとフィットネスコーチは増員可能そうだな。」
サッチャン 「そうですね、早速候補者を探すよう取り計らいます。」
ゴロー 「活きがいいのを頼むよ。d(^-^)」


<スロベニアリーグの概況>

PrvaLiga Telekom Slovenije

ゴロー 「ひとつ質問いいかい?」
サッチャン 「もちろん、どうぞ。」
ゴロー 「Champions Leagueに出場する条件って、優勝だけ?」
サッチャン 「そうです。リーグ優勝しかありません。」
ゴロー 「だよなぁ。」


ゴロー 「よし、決まった。」
サッチャン 「急にどうされたんですか?」
ゴロー 「今期のクラブ方針を決めたんだよ。まとめというかね。」


<NK Maribor 11/12シーズン方針>

①選手の獲得はしないか、ごく少数にする。
②2期目の為に資金をためておく。
③格上のクラブと戦う為の戦術を完成させる。
④能力底上げの為にコーチ陣の再配置を行う。
⑤もちろんリーグ優勝する。

サッチャン 「わかりやすいですね。」
ゴロー 「そうだろう(* ̄∇ ̄*)」
サッチャン 「(´-`)」


とりあえず今期の目指すところを確認し、やるべきことを把握したゴロー。
果たして、目標を達することができるのか、乞うご期待。
スポンサーサイト
2012/02/09 Thu. 18:10 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

祝復活

Dresden日記の愛読者です(笑)

このシリーズの日記の中でもDresdenシリーズは屈指の素晴らしさだと思います。2008ではサマルジッチに、この日記でお世話になりました(笑)

私はドイツ信者なので、ドイツ下部の成り上がりもみたいのですが、時間がある時に管理人さんによるペルージャ復活とかみたいかも。今はどうやら四部とかにいるようです。

勝手なことを書きましたが、数年越しで復活を待っていました。楽しみにしてますね!

pig22 #- | URL | 2012/02/12 21:05 * edit *

また見に来て頂けるとは・・・。

感謝感激です \(*T▽T*)/ワーイ

それと共に、Dresden日記が中途半端になってしまった点に反省です。

ペルージャですかー、そういえばFMでセリエをやったことはなかったですねぇ。
ちょっと検討させてもらいますね。

縛りプレイ的なところで良いアイデアをお持ちでしたら、どしどしお寄せ下さい m(_ _)m

今後とも、よろしくお願いします (^▽^)/

ヒロシュ #puL4oGNI | URL | 2012/02/13 19:10 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://fmhirosyu.blog26.fc2.com/tb.php/62-c3a1c6bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。