05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Football Manager監督手記

Football Manager 2008, 2012 (PCゲーム)のプレイ日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ゴロー挑戦記 vol.2 11/12 season 04-06 

≪ゴロー挑戦記 vol.2 11/12 Season 04-06 Report≫

昇格を目前としたPerugiaですが、首尾よく優勝することができるのか、来期への準備はどうなっているのか。

さっそく、04-06月の状況を見ていきましょう。


(1)来期昇格を見据えて、戦力を補強しておく。
(2)条件の一つである、栄光のペルージャ戦士を獲得する。

ボスマン移籍で数名獲得しましたが、即戦力となる選手は少なそうです・・・。
詳細は来シーズン明らかにします。


(3)4-4-2以外の戦術を試し、物にしておく。

いろいろと試しはしましたが、結局これと言ったものが決まらず。
この方針については未達成と言わざるを得ません。
もう少し選手層が厚くなって、各ポジションに選手をそろえられるようになってきてからになります。
来期は何がしか物にしたいところです。


(4)初期戦力の整理を行う。

放出の方といえば、契約切れによって以下の方々がフリーとなりました。

Perugia (Transfers_ History)

今期加入のモラや、レギュラー候補であったブエノ等、4選手と契約更新しませんでした。
昇格するとなると、自動的に賃金も上がってしまうので、できる限り抑えようとの判断です。
また、前回もお伝えしましたが、ボスマン移籍で去る選手も1名となっています。


(5)リーグ優勝する。

4、5月で残る試合は8試合、優勝はどの時点でできるでしょうか。
では、試合結果行ってみましょー。

Lega Pro Seconda Divisione Girone B 11/12
日付対戦相手H/A結果コメント順位
2012/4/1ApriliaH2-0 WGKスカトーニが復帰。試合はクレメンテが開始すぐにゴールをすると、マテラッツィが加点して危なげない勝利。
バローニオ負傷は余計だったけども・・・。とはいえ、2位以内が確定し、昇格が決定。あとは優勝目指すのみ (`・ω・´)
1
2012/4/4CatanzaroA3-2 Lバローニオに代わってマルガリタが先発。
味方のバックパスにスカローニが慌てふためくおバカな失点もあり、敗戦 (-_-;)
1
2012/4/7PaganeseH2-0 Wカルダシオが復帰、コンディションは戻ってないけど負傷者も多いので起用。
マシエロとマテラッツィのゴールで勝利。連敗はしなかった。
1
2012/4/15EbolitanaA※※Pick Up Matchにて※※
2012/4/18FondiH1-1 D戦術をいろいろ試してみたら、ドローになっちゃった。
特に見所も収穫もなかった試合 (´-`)
1
2012/4/22MelfiA1-2 W4-4-2のダイアモンドをお試ししてみる。
2得点上げるも、どちらもセットプレー。これもイマイチか・・・。
1
2012/4/29FanoH1-1 D先制を許した後、マシエロの同点ゴールが疑惑の判定でノーゴール (`Д´) 負けるかと思ったが、マシエロが今度は文句なしのゴールで何とかドロー。1
2012/5/6ViboneseA0-2 Wリーグ最終戦。しっかり勝って終わりたい。
クレメンテとコンティの2TOPがそろってゴールを決め、有終の美を飾った。
1


優勝を決めたものの、あまりピリッとしない月になってしまいました。
シーズン終盤で疲労も蓄積し、故障者も出てて、層の薄さを露呈したというか、来期に一抹の不安を残しましたね。
正直、どうやっても勝てそうにないなというようなチームはなかったので、なかなか課題を見つけていくのが難しいです。
とにかく、今シーズンの目標は果たせたわけなので、シーズンオフを楽しみにしていきましょー。

今回のPick Up Matchのコーナーはというと、
今回は優勝を決めた1戦をPick Up。あとおまけもあるのでそちらもどうぞ。


2012.4.15 Lega Pro Seconda Divisione Girone B   vs Ebolitana (A)
LineupResult
Ebolitana v Perugia (プレビュー_ ラインナップ)Ebolitana v Perugia (分割表示)-2
Review
残すところ5試合、既に昇格を決めていて、後は優勝を目指すのみ。
2位Milazzoとの勝ち点差はこの時点で15。つまりこの試合を引き分けでもすれば優勝が決まるということになります。

カンセラが負傷中の為に、右サイドにはボルゲッティを起用。トレーニングのおかげでポジションも広がりんぐです d(^-^ )

Awayといっても、格下の相手、ペースはこちらが握ると、PAに侵入したコンティをたまらずファールで止め、PKをゲット。マテラッツィがしっかり決めて先制 d(^-^ )
先制後畳みかけたいところでしたが、クレメンテの宇宙開発シュートや打ち急ぎの精度0シュートで追加点はなかなかとれず (-_-;)

ハーフタイムの激励が効いたのか、ラベッキアのクロスをコンティが受けてシュート、これが決まって2点差とすると、
さらに途中出場のマシエロのパスを受けたコンティが独走し、3点目を上げ勝負あり!

快勝で優勝を決め、まず今年の目標を達成することができました。
MVPには2得点1アシストと全得点に関わったコンティが当然の選出。チームでの存在感も増してきました。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-39


優勝を決めたことで、祝福の言葉を頂戴しています。
まずは、ファンから。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-40


そして、理事会。
祝賀会は地味にお願いねという念押しが、祝福ムードに水を指すというか、別でこそっと言ってくれればいいのに・・・。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-41


最後に、バイオッコさん。このバイオッコさん、まだまだ現役なんですけど、Perugiaのことを気にかけてくれていて、このチームの誰それに注意せぇだの、誰それは素晴らしい選手だのとちょいちょいメディアに登場してきます。
まぁ、目立ちたがりなのかもしれませんがね・・・ (´-`)


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-42


さらに年間表彰があり、Perugiaの選手も表彰されていますので、紹介していきます。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-49


バローニオがLega Pro Seconda Divisione Girone Bの最優秀選手に選ばれました。
Perugiaの中盤に君臨し、多くの得点機を演出しました。
また、プレースキッカーとしても多くのアシストを記録する等、Perugia優勝の立役者として申し分ない活躍でした。
栄光のペルージャ戦士の面目躍如といったところですね。
年齢による衰えが顕著になってきていますが、来年も変わらぬ活躍を期待したいものです。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-52


Perugiaから年間ベストイレブンに選ばれたのは、MVPのバローニオとマテラッツィ御大の2名。
ぶっちぎりで優勝しておいて2人という、やや残念な結果となりましたが、
このレベルのリーグにおける2人というのはやはり別格だったのだなということが分かる選出でもありました。


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-51


年間最優秀監督はプレーオフを制し、昇格にこぎつけたApriliaの監督が選出されました。
まぁ、Perugiaは下馬評も高かったですから、監督の力でという見方はされなかったんでしょうね。
それでも一応3位になっているようですので、素直に喜んでおきます(笑)


今期、最後の順位表確認に行きましょう。

Lega Pro Seconda Divisione Girone B (概要_ ステージ)-7


勝ち点100を目指していましたが、惜しくも届かずというところ。
得点の80得点というのはリーグ記録だそうです。今までが68得点だったので、2位のMilazzoもその記録を超えていますね。
このリーグでの優勝は命題でありましたので、ひとまずはよかったかなと、ただし、来期も通用するのかというとちょっと怪しいですね。

で、やっとになりましたが、今回のおまけのコーナー。今回お届けするのはSupercoppa。何かというと・・・。

Supercoppa di Lega di Seconda Divisione (概要_ 大会規定)


Lega Pro Seconda DivisioneにはGirone AとGirone Bがあることは前にもお話ししましたが、
両グループの覇者同士が戦い、Lega Pro Seconda Divisioneで一番強いチームを決定しちゃおうというイベントなわけです。
これもれっきとしたタイトルなので、できれば獲得したいところです。チャンスは1度きりですし。
H&A戦となっていますので、2戦続けてレポートしていきます。

2012.5.13 Supercoppa di Lega di Seconda Divisione 1st reg   vs Treviso (A)
LineupResult
Treviso v Perugia (プレビュー_ ラインナップ)Treviso v Perugia (分割表示)
Review
Girone Aの覇者はTreviso。Lega Pro Seconda Divisioneで一番のチームはPerugiaであるということを思い知らさねばなるまい (`・ω・´)

ベストメンバーで臨めるので期待できそうだ。

先制したのはPerugia。アベライラスのクロスをファーサイドのラベッキアが気迫のダイビングヘッドでゴールネットを揺らす ヽ(´▽`)ノ
その後、前半はこう着状態となったがどちらかというとPerugiaが押し込んでいた気がする。

後半、相手に負傷者が出る等、こちらに分があるように思えたが、ロングパスにうまく反応され、ゴールを許し同点とされてしまう。
攻撃を活性化させる為に、疲れの見えたクレメンテに代えてマシエロを投入する。
すると、そのマシエロが期待にこたえての勝ち越しゴール!変化のかかった素晴らしいミドルでした ヽ(´▽`)ノ

このまま、Awayを勝利で終えると思っていた後半のロスタイム。
CKからまさかの同点弾をくらいドロー・・・。

まぁ、Awayゴールを2つとったのはかなりでかいはず。2戦目はHomeだし、しっかり勝ちに行こう。



2012.5.20 Supercoppa di Lega di Seconda Divisione 2nd reg   vs Treviso (H)
LineupResult
Perugia v Treviso (プレビュー_ ラインナップ)Perugia v Treviso (分割表示)
Review
1戦目Awayゴールを稼ぎつつ引き分けて、2戦目がHomeということで、いくらか余裕があるかなというところ。
今季公式戦の最終戦となるこの1戦に勝って、来期へ弾みをつけたいところですね。

1戦目と同じ布陣、コンディションも文句無しです。

開始早々、見事なパスワークからコンティがゴール!タイトルを手繰り寄せる大きな1点 d(^-^ )
しかし、喜びも長くは続かず、FKからヘッドでゴールを決められ同点とされてしまう。

Homeということもあってガンガン攻めていくPerugia。コンティがタックルでボールをうばい、ゴールするもこれはファールと判断されてしまう。
さらに、GKのクリアから、コンティとマシエロのコンビネーションでチャンスを作り出すもこれは相手GKのファインセーブに会う。

相手にはほとんど、攻めさせずに攻め続けたが、結局最後まで勝ち越すことができず。残念なドロー。
とはいえ、1戦目のAwayゴールが利いて、タイトルを奪取!


Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-45


ドロー2戦ということで、イマイチ一番強いチームが決定できていない気もしますが、
まぁルールではPerugiaがイチバーンということで1年目をいい形で締めくくれました。



Goro Yamabayashi (ニュース_ 受信箱)-60


2012/6/30・・・。何も言わなかったら、契約の最終日に更新を打診してきやがった。
ええ、ええ、更新させて頂きますとも。

ということで、来シーズンへ行くことができるようになりましたが。
その前に、次回は今期の総括を簡単にしておこうと思います。乞うご期待!
スポンサーサイト
2012/03/23 Fri. 12:03 | trackback: 1 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://fmhirosyu.blog26.fc2.com/tb.php/75-2ca2fef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ゴロー挑戦記 vol.2 1】

≪ゴロー挑戦記 vol.2 11/12 Season 04-06 Report≫昇格を目前としたPerugiaですが、首尾よく優勝すること

まっとめBLOG速報 | 2012/11/01 18:40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。