04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Football Manager監督手記

Football Manager 2008, 2012 (PCゲーム)のプレイ日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

SG Dynamo Dresden 07/11-12 

ついに首位に立った我がSG Dynamo Dresden。
ライバルのマークも厳しくなる事が予想されるが、首位のまま冬の王者となる事ができるのか。


2007.11.2 RegionalLiga Nord vs Magdeburg (A)
中3日と厳しい日程が続きます。
リーグ戦での連勝を伸ばし、少しでも後続との差を離したいところ。

Lineup
Magdeburg 対 Dresden


MagdeburgはHomeということもありとても攻撃的な布陣です。
サマルジッチが負傷から復帰、即スタメンです。これも層の薄さがなせる業です。
連戦のため先発選手のコンディションは軒並み90代前半と厳しい状況。(・・;)

試合はDresdenユングニケルによる先制点で幕を開けました。
先制でほっとしたのもつかの間、立て続けに3失点。Σ( ̄Д ̄;)
セムレルが意地の1発で1点差に詰め寄るも、疲労困憊の選手たちはパフォーマンスを維持ず。
後半から若手選手を投入し活性化を図るも、やはり先発との能力差は如何ともし難く、追加点を許し首位とは思えない負けっぷりを晒してしまいました・・・。(ノД`;)

Result
Magdeburg 対 Dresden




2007.11.10 RegionalLiga Nord vs Düsseldorf (H)
コンディション不良のためとはいえ、前節の大敗は少なからず選手に影を落としているようです。
連敗しないことが大事。奮起して欲しいところです。d(`Д´)

Lineup
Dresden 対 Düsseldorf


ようやくペクニクが復帰。選手のコンディションも戻りました。
前節に続いてSTユングニケルが先発です。

ペクニクも戻り、連敗阻止のための材料が整ったかに思われましたが、
前半早々にセムレルが軽傷マーク。無理はさせられたないのでブローカーと交代。(´Д`;) ァゥ
シュートを放つも枠に飛ばず。もたついているうちに先制を許す最悪な展開。
後半にもワーゲフェルトに殺人タックル。ピッチから姿を消す羽目に・・・。(#`Д´)
中盤のつなぎ役であり、主将のワーゲフェルトを失い意気消沈。
ボールすら持てなくなり、ただ敗北のホイッスルを待つのみとなったのでした。

Result
Dresden 対 Düsseldorf




2007.11.17 RegionalLiga Nord vs Verl (A)
連敗・・・。5連勝中は負ける気がしなかったものですが、こうも代わるものなのか。
監督が一喜一憂してるだけという気もしますね。監督じゃなくてサポーターの気分でしょうか。

Lineup
Verl 対 Dresden


スロベニアントリオが誰一人としていない事態です。
負傷に代表召集にと主力の欠場は連敗中のチームに重くのしかかります。
MCナックムス、DCオピッツには頑張ってもらわねばなりません。

危機感を持って望んだこの試合。
ブローカーとユングニケルが前半のうちにゴールをあげ2点のリードをもたらします。
久々の勝利なるかと思われましたが、後半1点返され暗雲が立ち込めると、
主将ワーゲフェルトがPA内で痛恨のファール。(´o`;) アァ
GKヘッセの横っ飛びも空しく、同点ゴールとされてしまいます。
そのまま試合終了となり、勝利が遠い深秋の雨の日でした。、ヽ`┐(T∀T ) アメダ…

Result
Verl 対 Dresden




2007.11.24 RegionalLiga Nord vs HSV II (H)
厳しい戦いが続く中、やってきましたボーナスステージ。
ここで勝てなければさすがにやばい。勝って自信を取り戻すのだ!ヽ(`Д´)ノ

Lineup
Dresden 対 HSV II


主将がいない以外はほぼベストメンバーを組めました。
MCナックムスも久々の試合だったためコンディションを回復しきれず、MCボイケルが初先発です。

久々に試合のペースを握っている。ボーナスステージの暗示が効いたかな(違
代表帰りのペクニクが先制点と2点目を上げ勝利への執念を見せます。
その後も攻撃の手を緩めず、ブローカー、病院帰りのセムレルのゴールで畳み掛けます。d(´▽`)
前半終了時点で4得点。それでも楽観視できない今のチーム状況。
「油断するなよ!(`Д´)」と一喝し後半へ。
追加点はでなかったものの、7試合ぶりの無失点で完勝。
やっとトンネルを抜け出しました。C=(^◇^ ; ホッ!

Result
Dresden 対 HSV II




2007.11.30 RegionalLiga Nord vs Ahlen (H)
もう大分前のような気すらする、8得点大勝劇。すべてはこのチームとの対戦から始まったのでした。
そう、つまり日程の半分を消化したわけです。
あの試合の再現を期待したいものです。

Lineup
Dresden 対 Ahlen


前節とほぼ同じ、主将の代わりがナックムスになっただけです。
Ahlenも前の対戦と同じシステムのようです。

「前と同じと思うなよ!凸(`Д´メ)」そんな声が聞こえてきそうな展開となってしまいました。
全てはペクニクのPKを阻止されたところから始まりました。
その直後先制を許す苦々しい展開に加え、ペクニクの負傷退場が重なりました。
後半はセムレルが削られ退場。ラフプレーはダメだろ!(`□´)まさに遺恨。
恥をかかされたのは分からないでもないが、悔しかったら8得点取り返して見やがれってんだ!
監督の気持ちに応えブローカーが後半のロスタイムに値千金の同点弾を叩き込み、
ヒドイ試合を敗北で上塗りすることだけは回避できました。

Result
Dresden 対 Ahlen




2007.12.8 RegionalLiga Nord vs Emden (A)
12月は1試合のみなので続けていきます。
ウィンターブレイク前最後の試合となったEmden戦。
遺恨試合の後だけにスッキリ勝って年を越したいものです。

Lineup
Emden 対 Dresden


主将ワーゲフェルトが怪我から復帰。
ですが、セムレル、ペクニクは負傷欠場。ベストメンバーがなかなか組めません。

試合は互角の展開。お互いに決め手なく膠着状態となります。
そんな中、先発のナックムスがタックルを受け負傷退場。
「勝ったら忘年会は俺もちだ。(´▽`)」と日本じみた鼓舞をする監督。
これに気を良くした?主将ワーゲフェルトがFKを直接突き刺し先制。
しかし、粘るEmdenはDCストックラサのファールで得たPKを落ち着いて決め同点。
勝ちたいDresdenもデ・パウラが今期初ゴールで勝ち越す。(*`д´)b ヨシ!
このままいけるか?と思った矢先、DLニコルの赤札で数的不利に・・・。
この逆境も必死の守備で切り抜け勝利を掴みました。

Result
Emden 対 Dresden




順位表 07/12
0712.jpg


3位に後退しました。首位とは勝ち点差4。
まだまだ半分が終わったところ逆転は十分可能です。
とはいえ、11月で課題がはっきりしました。選手層の薄さです。
3部のチームに選手層を求めるのは酷というものですが、それがあるチームが生き残っていくのだろうと思います。
年俸、移籍金の問題から期限付き移籍での補強を考えることになりそうです。

次回は日記もちょっとブレークして、フェイスパックの話題をする予定です。


スポンサーサイト
2008/01/31 Thu. 14:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://fmhirosyu.blog26.fc2.com/tb.php/9-cf6bce5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。